NHK受信料の基地助成が無くなったけど復活した話【復活手順あり】

今回の記事は、自衛隊や米軍の

基地周辺にお住まいの方にしか

関係のない内容となって

おりますので、該当しない方は

スルーして頂ければと思います。

飛行場等周辺のNHK放送受信料の補助制度とは?

基地周辺にお住まいの方は、

引っ越しなどでNHKと契約する際に、

基地周辺地域は防衛省から

NHK受信料の約半額が助成

(補助)されますよ、という説明を

受けていたかと思います。

基地からの航空機発着に伴う

騒音によってNHKの音声が

聞き取りづらい地域について

防衛省よりNHKの受信料の

一部助成を行っております。

詳しくは、↓の防衛省のページ

に記載されております。

私も数年前に基地周辺に転居して

来た際に説明を受け、ああ、

そういうもんなんだな、ちょっと

ラッキーだな、ぐらいの認識で

おりました。

その後、実際にNHK受信料も

半額程度になっており、数年が

過ぎておりました。

突然のNHK受信料助成制度の見直し!

そんなある日、なんとなく

クレジットカードの明細を

眺めていたら、

あれ?

という違和感があり、

よく明細を見てみると、

なんかNHKの受信料

高くなってない?

ということに気がついたのです。

我が家は、年間一括払いなので、

その際は、13990円が

引き落とされておりました。

あれ?こんな高くなかったよね?

と思って、早速、google 大先生に

相談してみたところ、

なんと!

ちゃっかり助成制度の見直しを

しているではないですか!

詳細は↓を御覧ください。

見直しの内容としては、

下記のとおりなのですが、

私が該当するのは、

③ということで、

「助成を継続」

となっています!

① 住宅防音工事が完了した世帯は、平成30年8月31日をもってNHK放送受信料の助成(年間の上限額:6,995円)を終了。② 一部住宅防音工事を実施した世帯は、平成30年9月1日からNHK放送受信料の助成に係る年間の上限額を6,995円から3,497円に減額し、平成36年3月31日をもってNHK放送受信料の助成を終了。なお、今後、2回目の住宅防音工事を行った場合は助成を終了
③ 住宅防音工事を行っていない世帯は、NHK放送受信料の助成を継続。なお、今後、住宅防音工事を行った場合は助成を終了。④ 事業所(会社・店舗等)及び助成対象区域への新規転入者は、平成30年3月31日をもってNHK放送受信料の助成制度を終了。

なのに、なぜ、勝手に助成が

終了してしまったのでしょうか?

NHK受信料助成復活までの記録

いろいろとネットで情報を

調べてみると、2017年か

2018年頃に対象世帯に

郵送で、助成制度見直しの

お知らせが送られていたようです。

その時は、バタバタしていたようで

完全にその書類のことはスルー

してようで全く記憶にありませんw

どうやらその書類の中に、

申請書が入っており、引き続き、

助成を希望する場合は、

必要事項を記入し、防衛省へ

返送しなければならなかった

ようなんです。

その際に、期日までに返送

しない世帯は、助成の対象から

勝手に除外されてしまった

ようなんです!

おい、おい・・・

それはちょっとひどいんじゃない?

ということで、本件に関する

基地の管轄部署へ電話で

問い合わせをしてみました。

※下記のページの「問い合わせ先」

に連絡先が掲載されております。

電話をしてみたところ、とても

感じの良い職員の方が丁寧に

対応してくださいました。

単刀直入に、申請書提出を

しておらず、助成が終了して

しまったが、また申請書を

出せば復活できますか?と

質問をしたところは、答えは、

「はい。できます。」

とのことでした。

具体的には、どのような手続きを

すれば良いですか?との質問には、

名前と住所を伝えてもらえれば

郵送で必要な書類を送ります、

とのことでした。

その電話にて、氏名と住所を

伝えて電話を切りました。

すると数日後に、郵送にて下記の

書類が到着しました。

↓「NHK受信料助成制度の見直しについて」の書類その1

↓「NHK受信料助成制度の見直しについて」の書類その2

↓「NHK受信料助成制度の見直しについて」の書類その3

↓「NHK受信料助成制度の見直しについて」の書類その4

そして↓が最も重要な書類です。

「防衛施設周辺におけるNHK放送受信料の助成制度に係る申告書」です。

この書類に必要事項に記入し、

返送すれば、はれて助成が

復活するようです!

受信料を1年払いですでに

払ってしまっているので、

その分の払い戻しはできない

ようなのですが、次回の

請求からは助成費を控除

して請求されるようです!

なお、注意点として、返信用の

封筒は入っているのですが、

切手を貼らないと行けないので

82円は自腹となります。

まとめ

今回は、NHK受信料の助成復活

までの記録を記事にさせて

いただきました。

ネットで調べても以外と

情報が少ないので、もし

あれ?

勝手にNHKの助成終わってない?

と困っている方のお役に立てれば

幸いでございます。

※この記事は、2019年6月時点

での話となりますので、今後、助成

が無くなったり、申告ができなく

なる可能性がありますので、必ず、

防衛省関連部署へご確認ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする