【肉のハナマサ】激安!「グリーンカレー」をレビュー【コスパ比較】

めっきり秋の予感しかしない今日この頃ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

私は元気です、ダテマキです。

さて、ずいぶん前に「肉のハナマサ」にて購入した「グリーンカレー」ですが、なかなかサイケな色のパッケージということもあり、食べたい!という欲求も起こらず、自宅のパントリーに放置しておりました。

この「肉のハナマサ」オリジナルPB商品「グリーンカレー」ですが、食欲をそそらないパッケージと、衝撃的な価格(なんと税抜298円!※)により、ほとんど期待せず、というかむしろ若干敬遠気味だったのですが、この度、実食したので、その様子をレポートさせて頂きます。

(※特売価格なので、通常時の価格は不明です)

「肉のハナマサ グリーンカレー」のパッケージ

カレーのクセに、緑+黄色+赤のラスタカラーをぶっこんでくるハナマサのデザイン担当に若干の敬意を表しつつ、ラスタカラーになっているってことを、どれだけの人が気が付いているんだろうな~、てゆうか、そもそもラスタカラーって何?って人も多いんだろうな~、なんて思いながら、開封して鍋に移しました。

ちなみに、ラスタカラーとはレゲエのシンボルカラーでして、レゲエ好きなおじさんやおばさんが、好んで身に着けているアレです。

という、どうでも良い話はさておき、パッケージの裏面をみてみると、なんと本場のタイで調理しているという情報が!

本当は国産の方が安心なような気もしますが、「本場のタイでおいしくつくりました。」とタイ産を猛烈アピールしています。

あとパッケージからわかる情報として「ハナマサ」の漢字が「花正」だったということでしょうか。

知らなかった・・・

他社グリーンカレーとのコスパ比較

お待ち遠さまでした。

気になる他社グリーンカレーとのコスパ比較のコーナーです。

結論から言うと、ハナマサの圧勝です。

圧倒的コスパです。

今回、比較したのは、グリーンカレー界のツートップ「イナバ チキンとタイカレー グリーン 」「無印良品 グリーンカレー」でございます。

まずは、比較数字をご覧ください。

<ハナマサ>

内容量:450g

税抜価格:298円

グラム単価:0.66円

⇒商品ページ

<イナバ>

内容量:125g

税抜価格:120円

グラム単価:0.96円

⇒商品ページ
<無印良品>

内容量:180g

税抜価格:325円

グラム単価:1.8円

⇒商品ページ

ここで注目すべきは、当然、グラム単価となりますが、言うまでもなく、ハナマサの大勝利です。

無敵です。

無印との比較では、実に約3倍ものコスパを実現しており、圧倒的コスパと言わざるを得ません。

ハナマサ グリーンカレーの味

どんなに量が多くても、味が不味かったら、意味ないですよね?

ということで、実食してみました!

まず、皿に盛ってビビるのが、具の量の多さです!

具の量も、他のグリーンカレーの追随を許さない、圧倒的な量です。

鶏肉のゴロゴロ感、半端ないっす。

そして気になるお味ですが、普通にうまい

これだけの量、価格だったら、ほとんどルーだけで、やる気のない味付けかと思いきや、かなりココナッツ度高いっす。

1点、残念な点が、もう少し辛くても良いかな~という印象です。

どちらかというと甘味が強いタイプのグリーンカレーです。

なので、大辛大好き!な方は、迷わず無印良品に直行してください!

甘め、全然オッケーよ!って人は、至急、ハナマサに急行してください!

↑は、一杯目を皿によそった後の鍋の様子です。

この後、たっぷり皿2杯分ありましたので、合計3皿は余裕でありましたね。

グリーンカレーにうるさい我が家の奥様も、太鼓判のハナマサのグリーンカレー、街で見かけたら、是非、一度、試してみてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする