下地センサー「FOLAI」が思ったよりもスゴかった件【使い方簡単!】

最近、家の断捨離と収納の見直しをしているのですが、

子供部屋に、下の子の幼稚園の帽子やカバンをかける

ためのノブラック(というらしいです。ノブの付いた棚)

を取り付けることになりました。

▼こんなヤツです。

ビスで壁に固定するタイプの家具なので、石膏ボードの壁の場合、

そのまま打ち付けることはできません。

そこで、調べてみると下記のような方法がありました。

①石膏ボードアンカーを使う

②間柱(下地)にビスを打ち込む

①は、↓のような特別な商品を使うのですが、強度が少し心配だったので、

今回は、②を採用することに。

壁の中に隠れている間柱(下地)を探すためのセンサーなんですが、

アマゾンで調べてみると、いろんな種類があるんですね。

センサーじゃなくて、針で刺すタイプや、センサーでも国産、中国産など。

今回は、口コミの内容と価格のバランスの良い中国産のちょっと

インチキっぽい「FOLAI」という商品を購入することに。

フォーライ?蓬莱?読み方もイマイチよくわかりませんが、アマゾン

なので、ポチった翌日には到着。

▼箱も無骨なダンボールテイスト。

開封してみると、本体と電池、さらには日本語説明書が・・・!

説明書といっても、ペラ一枚ですけどね。

▼「FOLAI」の本体です。なにやら昭和っぽい見た目。

そして、電池をインして、いよいよ起動・・・!!!

▼昔の携帯電話のように、緑の液晶が光ります。

普通の石膏ボードの壁で、間柱(下地)を探すのであれば、

上の画像のように、「木材画像」と「1/2」の組み合わせでOKです。

ここで注意しないといけないのは、毎回、キャリブレーションを

行う必要がある、ということ。

間柱がなさそうな壁にFOLAIを固定し、横にあるボタンをしばらく

押し続けると音がなるので、それでキャリブレーションは完了です。

その後は、ゆっくりFOLAIを壁沿いに動かして行きます。

間柱を発見すると液晶の棒が伸びていき、間柱の中心の到達すると

液晶の棒が最長になり、「CENTER」という文字が表示されます。

▼間柱にヒットしている状態。

センサーが示す場所に、ビスを打ち込んだところ、しっかりと

間柱に刺さりました!!!

アマゾンの口コミが高評価だったのですが、最近アマゾンの

口コミは信用できないので心配だったのですが、この商品に

ついては、口コミどおりの良い商品でした!

安い割に、とても正確なので、下地センサーを探している方には、

「FOLAI」

は、とてもオススメでございます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする