宮崎台「中華料理 北京」の「餃子+炒飯」が懐かしくてやっぱり美味かった件

突然ですが「宮崎台」というマイナーな街をご存知でしょうか?

私は昔、この街に住んでいたのですが、関東在住の方でも、知っている人はそう多くないと思われますので、知らない方のために少し説明をさせていただくと、神奈川県川崎市に位置し、東急田園都市線の宮崎台駅が最寄駅となります。

この街は、完全な住宅街なのですが、駅前もそこまで栄えておらず、飲食店もそんなに多くはなく、街の唯一の誇りは、東急の「電車とバスの博物館」がある、ということだけという恐ろしく地味ですが、愛すべき街なのであります。

そんなドマイナーな宮崎台に、食べログ3.5以上の中華料理店が存在するのです!

(2018年10月現在、食べログ3.54点という高得点です)

中華料理 北京(ペキン)

宮崎台駅からは、徒歩5分ぐらいの位置にあり、しかも坂があるため、暑い日や寒い日は、なかなかしんどい距離です。

また普通のマンションの1階の商店街(?)の中にあるので、若干わかりづらいかも知れません。

↑が外観となりますが、見た目もかなり年季の入った普通の中華料理店です。

この日は、土曜日の13時過ぎに店に到着したのですが、すでに店の外に4組ほど行列が出来ておりました。

土日の昼で、行列ができていない日は無いぐらい、いつも混雑しています。

最近はいつも行列なので並ぶまでも無いと思い、いつもスルーしていたのですが、この日は数年ぶりにチャレンジしてみました。

住所:〒216-0033 神奈川県川崎市宮前区宮崎2-6-11 バーズビレジ1階

中華料理 北京

電話:044-854-4288

営業時間:11:30~15:00、17:00~20:30

定休日:月曜定休 第3月火連休(月曜が祝祭日の場合は営業、火曜が休み)  第3月火が祝祭日の場合は営業、第4月火を連休)

餃子(550円)+チャーハン(650円)

数年前は、こんなに混雑する店ではなく、普通のいわゆる町の中華屋だったのです。

しかし、いつの頃からかメディア等でも取り上げられるようになったようで、いつの間にか行列のできる店になっていたのです。

今は芸能界引退状態の小出恵介さんがとんねるずの番組の食わず嫌い王決定戦で、この店の餃子を紹介したところから火が付いたという話を聞いたことがありますが、いずれにせよこの店の名物は、餃子と担々麺ということのようです。

そんなこともあり、他のお客さんも餃子と担々麺を注文している人が多い印象でしたが、私のおすすめは、断然、「餃子+チャーハン」でございます。

↑これが北京名物の「餃子」です。

そして、↑がチャーハンです。

餃子などのご飯ものには、↑のようなスープが付いてきます。

このスープは、ラーメンのスープと同じもので、味の素たっぷり系の味となっております。

餃子にたっぷりのタレをしみこませて、その餃子をチャーハンにバウンドさせて餃子を食べる。その後、すぐにタレのかかった部分のチャーハンを食べる。

餃子バウンドからのチャーハン、このコンボ、マジ最強です。

昔から「餃子+チャーハン」を頼み続けておるのですが、数年ぶりに食べてみて、すごく懐かしくて、味も値段も変わらず、大変美味しかったです。

しかし、餃子のサイズは、かなり一回り小さくなったような・・・

今でも、他の店よりは少し大きめですが、以前は思わず、デカッ!と言ってしまうぐらいのサイズだったと思いますよ。

総合評価

味は、マジで美味いです!

味はうまいのですが、不満点が2点ほど。

1点目が、値段高すぎでしょ・・・ってこと。

餃子で550円て、強気すぎでしょ!?

幸楽苑とか日高屋とかなら定食いけるレベルっすよ!

2点目が、時間かかりすぎでしょ・・・ってこと。

並んでから料理が出てくるまで40分かかりましたよ・・・

行列の待ち時間は仕方がないにしても、店に入ってから料理が出てくるまで遅すぎでしょ。

まあ、なんだかんだ言っても、懐かしくて美味しいから、また数年後に行きたくなるんだろうなあ。




「味」★★★★★ ザ・町の中華!うまい!

「サービス」★★☆☆☆ 基本、混雑で店員少ないので、接客雑です。

「雰囲気」★★☆☆☆ 少し汚めです

「コスパ」★☆☆☆☆ 餃子と炒飯で1200円て・・・

「リピート度」★★★☆☆ 思い出補正なければリピ無しです

「総合評価」★★★☆☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする