【白金氷川神社(白金高輪駅徒歩5分)】境内の様子、由緒等【駅からの経路あり】

白金氷川神社については、以前から気になってはいたのですが、なかなか白金高輪にいく機会がなく、訪問する機会がありませんでした。

今回、たまたま近くに用事があったため、訪問させていただきました。

ネット上に、あまり情報がありませんでしたので、何かの参考になれば幸いです。

白金高輪駅から徒歩5分

都営線白金高輪駅より徒歩5分ほどのところありますが、わかりやすいので迷うことはないと思います。

白金高輪駅からの経路はこちら。

鳥居、狛犬

白金氷川神社の鳥居

鳥居は、金属製のタイプのもので、結構大きめです。

白金氷川神社の阿形の狛犬

阿形の狛犬様です。

白金氷川神社の吽形の狛犬

吽形の狛犬様です。

白金氷川神社の境内の狛犬(阿形)

白金氷川神社の境内の狛犬(吽形)

階段を上ったところにも、狛犬様がいらっしゃいます。

境内の様子

白金氷川神社の境内の様子

境内は、外から見るよりもかなり広々としております。

小雨も降っており、参拝者は私ひとりだったため、ゆっくりと参拝することができました。

白金氷川神社の手水舎

水が流れるタイプの手水舎ではなく、みずがたまっているタイプのものでした。

非常にきれいにされておりました。

白金氷川神社の境内にいた猫たち

社務所は開いておらず、入口の前に、イケメンの猫が2匹どかっと座っておりました。

白金氷川神社の本殿(斜め前から)

白金氷川神社の本殿(正面から)

とても立派なご本殿でした。

中はとても広そうで、やはりとてもきれいにされておりました。

由緒書き

白金氷川神社の由緒書き

白金氷川神社の由緒書き(アップ)

御祭神:素戔嗚尊(すさのおのみこと)、日本武尊(やまとたけるのみこと)、櫛稲田姫尊(くしいなだひめのみこと)

由緒書きによると、景行天皇の時代に日本武尊が関東を平定するために、この地より武蔵の国一宮である氷川神社(大宮)を遥拝したことが由緒となっているようです。

末社

白金氷川神社の末社

↑は、末社の建武神社です。ほかに稲荷神社もありました。

まとめ

白金氷川神社の境内の猫二匹

境内に入ると、非常に緑も多く、初めて行かれる方は、こんな都会にこんなところが!とびっくりするのではないかと思います。

静かで清潔で、落ち着きのある、とても素晴らしい神社でございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする