【新橋・虎ノ門ランチパスポート2018夏】新橋「新世界おやじの串や 東京新橋店」の串かつデラックス(税込540円!)

先日、串カツ田中【3547】が、新橋に初出店するという報道があり、気にはなっていたのですが、事務所からそこそこ遠いため、未だに行けていないダテマキです。

それと豆知識ですが、串カツ田中の社長は、田中さんじゃないんです。

貫 啓二さんという方が代表を努めており、副社長が田中さんなんですね。

なんでも、串揚げのレシピは、田中副社長の父上が提供しているようで、そこから串カツ田中という名前になったようです。

ということで、本日ご紹介する「新世界おやじの串や 東京新橋店」とは、全然関係のない話題を長々と失礼いたしました。

本日のランパスレビューは「新世界おやじの串や 東京新橋店」の串かつデラックスとなります!



新橋駅から徒歩4分

新世界おやじの串や 東京新橋店

住所:東京都港区新橋3-5-2 新橋owkビル 1F

電話:03-3591-2677

営業時間:11:30~25:00

定休日:無休

外観、店内の様子

大阪では、おなじみのビリケンさんです。

ビリケンさんの横には、大きな串かつのオブジェが・・・

店内の様子です。

昭和レトロな雰囲気ですね。

メニュー

今回ランパス適用のメニューは「串かつデラックス(950円)」のはずですが・・・

・・・

メニューにない・・・

ということで、「串かつデラックス」はランチパスポート専用メニューということが判明しました。

950円→540円ならば、かなりお得な感じがしますが、実際には、540円なりのメニューを提供している、ということなのでしょうか。

串かつデラックス(税込540円!)

「串かつデラックス」がランパス専用メニューだった、という大人の事情は一旦置いておいて、早速食べてみました。串かつデラックスを。

まず、「デラックス」を名乗る割にデラックスな感じでは無いな、というのが最初の印象です。

マツコ・デラックス並のインパクトが無ければデラックスは名乗らない方が良いと思います。

メインの串かつは、アスパラ、赤ウィンナー、れんこん、エビ、キスという内容です。

デラックス!という感じではないですが、串かつ1本100円はするとして、これだけで軽く500円を超えることを考えると、これはこれで、アリなのかなと思ってしまいます。

しっかりと、お約束の「やみつきキャベツ」も付いてきます。

冷奴です。少しぬる奴でした。

ご飯です。

大盛りやおかわりが出来るのは、「満腹定食」のみ!

という厳しい掟が存在するので、皆様もうっかり「おかわり!」と声をかけないように気をつけてください。

二度付け厳禁のソースです。

いつも思うんですが、2度付けしないからといって、衛生的かと言われると、絶対衛生的ではないとおもんですよね・・・

いつも、「大丈夫かな~?」と思いながら、誘惑に負けて食べてしまいますが。

こちらの串かつ、しっかりと揚げたてでしたので、味はとても美味しかったです。

総合評価

「味」★★★★☆ 揚げたてなので、美味しいですね。

「サービス」★★★★☆ 普通に感じ良かったです

「雰囲気」★★★☆☆ 昭和レトロな雰囲気です

「コスパ」★★★★☆ 串揚げ5本なので、スコパ○です

「リピート度」★★★★★ 串かつ食べにまた行きたいです。

「総合評価」★★★☆☆



新橋ランチパスポートについては、↓にまとめ記事がありますので、良かったら読んでみてくださいね。

ランチパスポート新橋・虎ノ門・銀座・築地版Vol.16(2018夏)掲載店でおすすめの店6店紹介。 ランパスメニューのの画像や、5つの評価ポイント(味、サービス、雰囲気、コスパ、総合評価)を交えてレビューしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする